【ZOOMに最適な完全ワイヤレスイヤホン】TE-D01d mk2 レビュー

こんにちは、ヨーヘイです。

リモートワークをしていると社内会議も社外の打ち合わせもすべてZOOM等のオンラインで実施されているかと思います。

オンライン会議の快適性を左右する要素は沢山ありますが主に以下4つの品質だとヨーヘイは考えてます。

オンライン会議の品質を左右する要素

✔ 映像の品質
✔ 音声出力の品質
✔ 音声入力の品質
✔ ネット回線の品質

今回は、音声出力に焦点を当てていきます。

音声出力の方法もいくつか有線イヤホン、スピーカーマイク等いくつか種類がありますが、
今回は完全ワイヤレスイヤホンならどれが良いんだろう?という疑問に対して僕の考えをお伝えできればと思っています。

Contents

僕のオンライン会議のセットアップご紹介

2021年9月現在の僕のデスク環境ですが、写真のように映像出力・音声出力・音声入力をすべてわけております。

完全ワイヤレスイヤホンを音声出力デバイスに選んだ理由

ワイヤレスイヤホンの一番のメリットは無線であり、家中どこにいても音声を拾い続けられること

オンライン会議中にどうしてもその場を離れないといけなくなっても聞き漏らすことなく内容をインプットし続けられる点です。
※もちろん企業によってはMTG中の離席は絶対NGだ!という方針もあると思いますので、席を外してもOKなMTGがあるという前提です。

ヨーヘイ

どうしても在宅してると、大事な荷物の受け取り・トイレが我慢できない等席を離れざるを得ないときにカメラをOFFにして移動ができます。
(極力MTG中に生じない努力はした上で)

僕がTE-D02d mk2を選んだ理由

次に僕がAviotのTE-D02d mk2を使っている理由ですが、一番は充電持ちです。
以下はヨーヘイが重視したポイントとなります。

今回ヨーヘイが重視したポイント

✔ PC前でなくとも会議の音声が拾えること(ワイヤレスであること

✔ 会議中に充電が切れないこと(充電持ちが良い

細かい性能は商品紹介ページをご覧いただければと思いますが、特にヨーヘイが気に入っている部分だけ取り上げさせていただきます。

https://amzn.to/3iaL7dg

以下は公式HPからの引用です。

AVIOTの省電力設計ノウハウと、最新SoCの採用により、イヤホン単体で最大11時間*、チャージングケースとの併用で最大120時間*という長時間再生を実現しました。

*アンビエントマイク、タッチセンサーのご使用や、電波状況、音量によって、再生時間が短くなる場合があります。より高音質なaptX™コーデックご使用時には2-3割程度再生時間が短くなります。

引用元:AVIOT公式HP https://aviot.jp/product/oldproduct/te-d01d-mk2
ヨーヘイ

これ、控えめにいって凄くない・・・?

ちなみに、様々なイヤホンの比較対象として扱われるAirpods Proとの充電持ち比較です。

TE-01d mk2AirPods Pro
イヤホン単体11時間4.5時間
チャージングケースとの併用120時間24時間
※充電持ち時間は公称値です

もちろん1日1〜2回程度のMTGであればAirPods Proも十分に使えると思います。
後述しますが、ヨーヘイもプライベートではAirPods Proを使っています。

また、個人的な用途ですが、このバッテリー持ちのおかげでモバイルバッテリーとしても代用可能なので心から買ってよかったと思っています。

実はAirPods Proも持っていて併用してます

前述しましたが、実はプライベートではAirPods Proを使っています。

ヨーヘイ

AirPods Proは耳へのフィット感、ノイズキャンセリング機能、外音取り込み機能、Appleデバイスへの親和性などどれをとっても素晴らしいです。

仕事用に活用しない理由としては、充電持ちの懸念もありますがもう1つはデバイスを分けておきたかったというのがあります。

また、仕事用のPCではAppleIDをプライベート用とわけて使っているので、シームレスな切替が行えない点です。
仕事用のためにもう1個AirPods Proを買うのは本末転倒だと感じますので、電池持ち・音質・コスパに定評のあるAVIOTを選択しました。

今後、AirPods Proの新型発表も予想されているので密かに電池持ち向上への期待を膨らませています。

まとめ

正直言うと、上記以外にも様々なイヤホンを検討しましたが、沼にハマりそうなのでここで思考の旅を無理矢理終わらせた自分がいるのも事実です。

AVIOTのmk2は現在非常に値下がりしています。(2021年9月現在7,000円以下)

ヨーヘイ

当時は1万円ほどしていました。。。

他にも音質など良いイヤホン沢山あると思いますが、電池もちという点では今も他社を圧倒していると思います!
もちろん、ワイヤレスイヤホンがあなたにとって最適かどうかはまた別の記事で取り上げさせていただきますね。

よかったらシェアしてね!
Contents
閉じる