【元携帯販売員が教える】”あなた”にとって最適なネット回線を選ぶための考え方

こんにちは。ヨーヘイです。
僕が携帯販売員時代はもちろん、今でも周囲からネット回線はどれが良いの?という質問をよく受けることがあります。
せっかくなのでその内容を文字に起こしてみました。

ネット回線は今ではもうインフラです。
店員さんの言われるがまま、よくわからないまま契約するのはもう辞めにしましょう。
大事なのは自分でしっかり理解して納得して契約することです。
ここでは理解して納得するための考え方や選び方について僕なりの考えを綴っていきます。

ヨーヘイ

ネット回線は一度契約したらなかなか解約しないもの。
あなたの状況にあったものがしっかり選べるようサポートします。

結論、速さだけならnuro光で間違いありません。
ただ、nuro光の速さが出なければ満足できないのかと聞かれたら決してそうではありません。
ネット回線の使用用途によってここは変わってきます。

Contents

考えるべきこと①:ネットを通して実現したいことを書き出してみよう

まず何でネット回線を契約しようか考えているのかを整理しましょう。

下記のような内容を踏まえてそもそも本当に固定回線が必要なのか、必要だとしたらどんなものが良いのか実現したいことを踏まえて整理しましょう。

  • 在宅勤務することになりネット環境が必要になった
  • 現在もネット回線はあるけれど速度に不満があるので速い回線に乗り換えたい
  • Chromecastやfire tv stickでテレビに出力して動画を見たいのでwifiを使いたい
  • 家族で同時にネットを気にせず使いたい
  • switchやps4をネットに繋げたい(例:スマブラで対戦したい…等)
  • ビデオ通話をよくするので固定回線あったほうが良いと思った
  • ・・・etc

当てはまるものはありましたか?
このように人によって固定回線を何のために引こうとしているのかは全く異なります。
場合によっては固定回線を契約しなくても済むケースも出てきます。

今回は僕の例で考えてみます。

僕のネット回線経歴

回線工事NGの賃貸

ネットの評判を見て使い勝手の良さそうなモバイルタイプのWiMAXを契約しました。

画像引用:Broad WiMAX


当時の我が家はギリギリエリア内でした。
ところが……

ヨーヘイ

電波が入らないーーー!!

そうなんです。
電波が入らず部屋中歩き回って何とか一本だけ入る場所を見つけて
ググりながら手作りでアンテナを作ったりして電波を拾い集めていたのも今では良い思い出です。

ヨーヘイ

いや、もう絶対やらないけどね……

窓ガラスにガムテープで貼り付けていたので見栄えも最悪でした。

ホームルーターに機種変更しました

画像引用:Broad WiMAX
ヨーヘイ

エリア内なのに電波が入らないのはモバイルタイプを選んだからアンテナが貧弱なんだ!据え置き型にすれば解決するはず!

思惑通り、モバイルタイプを使っていたときより多少マシになり、
何とか使えるレベルにまで改善しました。(動画も見れました)

僕がネット回線で何をしたかったか

当時は今みたいにネットが沢山使えるスマホのプランはありませんでした。
使えても7GBが最大でそれ以上使いたい場合は1GBあたり1000円とかなり高い追加料金を支払う必要がありました。
動画配信サービスで大好きなアニメを見たいと考えていた僕にとってネット環境は必須でした。
当時を思い返せば引っ越してでも固定回線が利用できる環境にすべきだったと思っています。

引っ越す余力もなかったため、別会社からWiMAXのホームルーターのようなモデルが登場したときに飛びつきました。

それが、みんな大好きSoftBank Airです。

ヨーヘイ

やっと見つけた!これを探していたんだ!!

僕の家にマッチしてある程度満足の行く速度が初めて出たのがこのSoftBank Airでした。

もちろん据え置きで使い放題とはいえ工事不要のモバイルタイプなので帯域制限や速度制限は行われたりするものの、これなら毎月固定費として支払っても良いと思えたのでそのまま2年以上は使いました。

そして時が経ち、ついに固定回線に切り替えました

引っ越しのタイミングだったのでとても慎重に考えました。
せっかくなので一番速度の出る回線をと思いnuro光にしました。

ヨーヘイ

今までの葛藤はなんだったんだ……

そう思えるぐらいの快適な速度が出ました。
価格もSoftBank Airと遜色ないのに工事の有無でここまで変わるのかと驚かされました。
もちろんnuro光に全くデメリットがないかといえばそうでもなかったのでこちらもご説明します。

ネット回線を検討するときはまずは用途を考えてみましょう。

考えるべきこと②:ネット回線にも種類がたくさんある。①が実現できるのはどれ?

ネット回線の種類はザックリと下記の通り。

  • スマホによるデザリング
  • モバイルWiFi/ホームルーター
  • ADSL
  • ケーブル回線
  • 光回線

※ADSLとケーブル回線は現在ほとんどの方にとって選ぶメリットが薄いため対象から外します。

在宅勤務することになりネット環境が必要になった

結論:在宅勤務をするのであれば間違いなく安定した固定回線を使うべき

理由は単純明快で、ネット回線をケチるデメリットがあまりにも大きいからです。

例えば……

  • ZOOM等でオンライン商談やMTG、打ち合わせを社内外で行うときに映像や音声の遅延が発生する要因になる
  • モバイルタイプは下りの速度が速くても上りの速度が出ないものが多く、タイムロスが発生しやすい

影響範囲が自分だけであれば我慢すれば良いだけかもしれないが、仕事に関しては周りのことを考える必要もあるので妥協しないことをおすすめします。

現在もネット回線はあるけれど速度に不満があるので速い回線に乗り換えたい

現状への不満が明確であれば速い回線に乗り換えれば良いだけ。この場合は光回線がおすすめです。

今使っている回線はどんなものですか?
モバイルWiFiやADSL、ケーブルTVの回線を自宅用に使っているのであれば間違いなく変更すべきです。

一応その前にWiFi環境が必要かどうか今一度自分の利用シーンを見直してみると良いでしょう。
今の5G回線はかなり速度が出るので人によっては固定回線不要な人も多いハズ。

Chromecastやfire tv stickでテレビに出力して動画を見たいのでwifiを使いたい

おすすめは光回線ですが、あくまで動画視聴用であればホームルーターでも問題ないでしょう。
ただし、4K動画を視聴するのであれば光回線にすることで快適に見ることができるでしょう。

ホームルーターで注意が必要なのは時間帯です。
例えば僕が以前使用していたSoftBank Airでは21時〜23時あたりの時間帯は帯域制限が頻繁に行われます。
なぜって?一番利用の多い時間で回線が混雑するため制限をかけてます。
(早朝とかはめちゃくちゃ快適だった記憶があります・・・)

ヨーヘイ

仕事終わりにNetflixでアニメ見てたときはよく止まっててイライラしてたかも。ただ3〜4年前の話なのでさすがに今は多少改善してるのかもしれない。

どうしても固定回線が引けないという方でなければ光回線を引きましょう!

家族で同時にネットを気にせず使いたい

一人暮らしでなければ、工事を伴う固定回線もしくはホームルーターのどちらか契約しておくのがベター

もちろんスマホしか使っていませんという家庭であれば、特別自宅用のWiFiは不要かもしれませんが、
スマホは格安SIM等容量の低いプランを利用しているのであれば自宅用のWiFi環境は構築しておくべきです。

考慮すべきはご利用端末の種類や数。これが多ければ多いほどWiFi環境の構築を推奨します。

switchやps4をネットに繋げたい(例:スマブラで対戦したい…等)

どの程度ガチでやりたいか。たまにやる程度のライトユーザーであればモバイルWiFiやホームルーターでも遊べはするが、ヨーヘイはやはり固定回線を推します。理由は後述。

在宅勤務と同じ理由ですが、オンライン対戦は相手がいるので、自分のネット環境が原因で人に迷惑がかかる可能性があります。
しかもスマブラのようなラグ・遅延による影響が大きいゲームを遊ぶとなれば有線接続で遊ぶべきでしょう。
それでも回線工事をするのが厳しい場合はホームルーターの有線接続をオススメします。

逆に桃鉄のようなライトなゲームであればラグ・遅延による影響も少ないのでそれこそモバイルWiFiでも問題ないでしょう。

ヨーヘイ

アクション系ゲームは有線接続したほうが良いってことね

ビデオ通話をよくするので固定回線あったほうが良いと思った

利用環境によってはWiFiが不要かもしれない

なぜって?スマホも以前は最大7GBまでのプランが主流だったが、
現在は使い放題のプランが出ている。

例えばドコモの5Gギガホプレミアはざっくりいうと制限なしでデザリングも使い放題です。
特に一人暮らしであればこれだけでも生活に支障はないでしょう。

また、LINEで通話やビデオを多くするという方はLINEMOにすることでWi-Fiが不要になってきます。
携帯プランについてはまた別で記事を作りますが、用途によっては固定回線にこだわる必要がないケースもあるということだけ覚えてもらえたらと思います。

ただし、一人暮らしではない場合やタブレットやパソコンやChromecast、fire stick tv等複数の端末に接続するケースがあったりすると常時WiFiに接続する環境が必須になってくるので、用途を1個に絞らず俯瞰的に考えてみましょう。

考えるべきこと③:種類を選んだら料金やサービスを比較しよう

ヨーヘイ

今回は固定回線光回線とホームルーターの2種類についてサービス比較をしてみたぞ。

各会社プランは複数あるので今回はヨーヘイが推奨するプランでの比較となります ※2021年5月時点
マンションタイプはお住まいによって料金が変動するのでここでは比較からは外します

光回線

固定回線は住んでいる場所によって使える回線がそもそも限られてしまうケースがあるので比較しづらい部分でもありますが、個人的には2021年5月現在選ぶのであればドコモ光→Nuro光→au光→ソフトバンク光→フレッツ光の順で選ぶかなと思います。

ヨーヘイ

ドコモ光は工事費が実質とかではなく本当に無料なのが魅力的ですね!

スクロールできます
フレッツ光(東日本)ドコモ光auひかりソフトバンク光nuro光
プラン名フレッツ光ネクスト
ギガファミリー・スマートタイプ
1ギガタイプAずっとギガ得プランファミリー・ギガスピードNURO 光 G2 V
契約期間2年契約(自動更新)2年契約(自動更新)3年契約(自動更新)2年契約(自動更新)2年契約(自動更新)
戸建てタイプ月額料金
※各種割引適用後
5,170円〜
+プロバイダ料(539円〜)
5,720円5,610円〜6,160円※
※固定電話が含まれます
※セット割の適用条件
5,720円5,217円
スマホセット割引なし550円〜1,100円引き550円〜1,100円引き550円〜1,100円引き
※適用には月額550円のオプション加入必須
なし※
厳密にはありますが割愛
工事費19,800円
※土日祝は+3,300円
19,800円→0円※
※土日祝は+3,300円
※現在はキャンペーンにより無料
41,250円
※継続利用により割引されます
26,400円44,000円
※土日祝は+3,300円
※継続利用により割引されます
初期費用880円3,300円3,300円3,300円3,300円
備考ルーターレンタル込プロバイダによってルーター無償レンタル可ルーターレンタル料550円/月
※スマートバリュー適用で無料になります
ルーターレンタル料513円/月ルーターレンタル込

ホームルーター

ホームルーター同士の比較なら個人的にはSoftBank Airが良いかなぁと思います。(あくまで個人の感想です)

auはハイスピードプラス利用すれば大分回線品質安定しますが月間使用量の制限があるので、
制限を気にせず使えるSoftBank Airのほうがストレスは少ないかなぁと思います。

通信の制限が許容できるのであればauスマートポートも悪くないと思いますが、そもそも自宅用回線が必要なのか?という疑問が出てくるのでよく考えて決めましょう!

スクロールできます
SoftBank Airauスマートポート
契約期間2年契約(自動更新)2年契約(自動更新)
月額料金
※各種割引適用後
5,368円4,721円
初期費用3,300円3,300円
注意点月間データ容量制限:なし
※混雑時の制限あり
※端末代は継続利用により割引あり(36ヶ月分割)
※月間データ容量制限:30GB ※ハイスピードプラスエリアモード使用時
※連続3日間のデータ容量10GB超過時制限あり
※端末代別途負担あり

考えるべきこと④:代理店ってどうなの?店舗や代理店によって異なる条件について

ネット回線を契約して実現したいこともわかったし、自分に合った回線がどんなものかもわかった。

じゃあどこで契約するのが一番お得なんだろう?ってなったときに以下のような選択肢が出てくると思います。

ネット回線の申込方法
  • 家電量販店や携帯ショップで申し込む
  • コールセンター経由で申し込む
  • WEBで申し込む

おすすめはWEBで申し込む方法です。
もちろんネットの情報だけでなく相談しながら申し込みたいというニーズがあればWEB以外の選択もありです。

店舗で申し込んでもネットで申し込むにしてもきちんと特典内容と特典を受けるための条件を確認しましょう。

例えばキャッシュバックが一番高い代理店を選んだとしても、有料オプションてんこ盛りにつけてください!などのような条件設定がされているところも多いです。
うっかり解約を忘れるとその分の料金が上乗せされてしまうケースもあります。

よくあるケースその2が、キャッシュバックを受けるための手続きが複雑で条件が満たせず結局もらえなかったということもあります。
例えば、契約●●ヶ月後に届くメールを確認し、口座情報を期間内に登録しなければ振り込まれない…のような例です。

最後に

思考停止でとにかく光回線を引けば速度が出て満足できるというのはあながち間違いではありません。
もちろん細かく言えば同じ光回線でも住宅環境によっては速度が出ないことあります。(特に賃貸が影響を受けやすい)
また、使っているプロバイダやルーター機器、接続方法によっても速度は変動します。

それでも、よっぽど運が悪くなければ大抵の人は光回線で満足できるはずです。

急ぎで開通したいのであればホームルーターを選ぶと良いし、待てるのであれば光回線を選ぶと幸せになれるでしょう。

繰り返しになりますが、

・誰が、何人で使うのか
・何に使うのか
・なぜ固定回線を引く必要があるのか

大前提をしっかり整理してから、どこが良いのかを考えると失敗は少ないと思いますよ。

よかったらシェアしてね!
Contents
閉じる