【人生変わった気がした】万人におすすめできるアニメ10選【ネタバレ無し】

こんにちは。ヨーヘイです。

アニメって膨大な数の作品があって、しかも1つ1つ見るためにも時間を多く浪費してしまいますよね。


時間は有限なので出来れば良い作品だけを視聴したい

そんな思いに応えるべく僕が30年という人生の中でジャンル問わず万人に見てほしいというアニメを10作品厳選しました。

万人にすすめたい作品を10作品に絞るため有名な作品が多いかと思います。

ヨーヘイ

本音をいうともっともっともっと紹介したい!!

好評であればジャンル別も作成したいと思います。

順位は設けておりません。順位をつけるのは作品に失礼だと思ってます。思い入れのある良い作品ばかりです。
また、未完結の作品はいれておりません。完結してない作品を評価の対象にするべきではないという考えです。

Contents

鋼の錬金術師 FULLMETAL ALCHEMIST

2009年に2度目のアニメ化となった原作準拠の作品。
実は2003年にも一度アニメ化しているのですが途中で原作に追いついてしまったがために途中からオリジナル展開となりました。
ヨーヘイとしては2003年版は雰囲気が原作よりもダークファンタジーとなっており好みですが、物語の完成度は原作準拠の2009年版が良いと思うのでここでは2009年版をオススメします。
ただ、序盤の原作一部重要なエピソードが2009年版ではカットされ、2003年版では放映されていたりもするので、
良ければ両方見ると作品補完ができると思います!

ヨーヘイ

一部声優が両作品で変更となっているので両方視聴する場合最初は違和感があるかも。。

原作作者が女性ということもあり、女性ファンも多い鋼の錬金術師、ぜひ一度は視てもらいたいです!

いますぐ動画配信サービスで見る

ヒカルの碁

全75話+スペシャルと少し長めです。
この作品は原作少年ジャンプでありながら題材は「囲碁」を選んだユニークな作品です。
実写化もしている「ちはやふる」「3月のライオン」が好きだという方には特にオススメしたいです!

どこにでもいる小学6年生の主人公進藤ヒカルがある日平安時代の天才棋士「藤原佐為」の霊と出会い、囲碁に全く興味のなかったものの「神の一手を極めたい」という佐為のために囲碁を始めるところから物語がスタートします。

ヨーヘイ

正直囲碁の知識0でも全く問題なく楽しめるようになっているのでそこは安心できます。

ちなみに僕は兄の本棚に漫画を見つけて読み始めたのがヒカルの碁との出会いでした。
絵がきれいなんですよね。。。
それもそのはず、なんといってもあの「デスノート」を描いている小畑健が原作漫画の作画を担当してるんです。
もちろん、アニメの絵柄は少し古いですが、BGMや演出のレベルは凄まじいと感じてます。

具体的なネタバレは避けますが、主人公の成長を強く感じることのできる作品で幼いながらも「自分も頑張ろう」という気にさせてくれる作品です。

いますぐ動画配信サービスで見る

STEINS;GATE (シュタインズゲート)

全24話。その後映画化や、本編を保管するための続編「シュタインズ・ゲート ゼロ」も放送されましたので、タイトルを聞いたことがあるという人も多いのではないでしょうか。

ヨーヘイ

友達にすすめると「何話から面白くなるん?」って聞かれることがあるので、12話から物語が大きく動き出すので面白いと感じ始める人が多いと伝えてます

設定や伏線回収が緻密にされているので、頭を使わずに気楽に見れるアニメを求めている方は別の日常系・ギャグ系アニメを視たほうが幸せになれるとは思います。

後半以降謎が解けていくとすごくカタルシスを感じられるので1回味わってもらいたいということでシュタインズゲートをおすすめします。

いますぐ動画配信サービスで見る

CLANNAD

ヨーヘイ

クラナドは人生!

このキャッチフレーズがネット上で当時流行っており、なんのこっちゃと思いつつ当時はアニメ化がされておらずゲームをするというところからスタートしました。
そしてプレイを進めることで、「クラナドは確かに人生だった・・・」という感想が漏れました。

その後Key作品を上手にアニメ化してくれることで有名な京都アニメーションがクラナドも見事に素敵にアニメ化をしてくれました。

もちろん作画はキレイなんですが、他Key作品同様にキャラデザインは人を選ぶ要素はありつつも普段アニメを見慣れない方にはそこを何とか乗り越えてほしいです。

アニメは1期2期まであり、それぞれ22話(番外編・総集編除く)で本編が放送されました。
1期までの内容であれば「人生」というフレーズの意味が理解できないので、1度視始めたのであればめげずに最後まで見てほしいと本気で思ってます…!

いますぐ動画配信サービスで見る

東京マグニチュード8.0

全11話と比較的サクッとみれる長さかと思います。

中学生と小学生の姉弟がお台場で遊んでいるときに東京直下型の大地震が発生してしまい、変わり果てた東京の中で生き残って家に帰るまでを描いた家族愛の作品です。

しかし、その後本当に東日本大震災が2年後に起きてますので、特に地震へのトラウマがある方は要注意作品となります。

ヨーヘイ

東京消防庁や海上保安庁、陸上自衛隊や病院含めて取材協力を経た上で地震の設定も詳細に練り込んで作られているので素人目ですがかなりリアルな様子が描かれているように思いました。

いますぐ動画配信サービスで見る

機動戦士ガンダム0080 ポケットの中の戦争

ちょっと変化球かも知れないがガンダムをよく知らない人にも勧めたいと思った作品でした。
OVAで全6話となります。

ヨーヘイ

ガンダム作品の中でも人間ドラマをより重視した作品の印象を受け、結構衝撃でした……。

一言でいうと、今まで地球軍・宇宙軍と敵味方に分かれていて、僕は地球軍が味方だと視点で幼い頃ガンダム作品を見ていました。(もちろん作品を理解していくとそんな単純ではないことは理解しましたけども…)

たったの6話で戦争の悲しさ・残酷さをリアルに描いた作品で、メッセージ性が非常に強いです。
今の時代だからこそ色んな方に視てほしいなと思う作品です。

いますぐ動画配信サービスで見る

天元突破グレンラガン

全27話。正直これを紹介するか「スクライド」を紹介するかで非常に悩みましたが、熱血アニメとしてよりわかりやすく印象に残りやすいグレンラガンを選択しました。

ヨーヘイ

スクライドも紹介したいのでまたどこかで紹介します…笑

グレンラガンは劇場版もTV版を元にしながらもファンサービスを考慮した変更点が非常に多くオススメしたいので、
テレビ版が楽しめたら劇場版も是非見てみてください。

「漢」「兄貴的存在」「ロマン」「燃える展開」「熱い展開」「主人公の成長」「ロボット」「熱血」

どれか刺さるキーワードがあったらグレンラガンは非常におすすめです。

いますぐ動画配信サービスで見る

PSYCHO-PASS サイコパス

アニメが1期〜3期+劇場版(3期は劇場版で完結)で構成されているシリーズ物。

「そんなに見れないよ!」って方には1期をおすすめします!
1期はテレビドラマ「踊る大捜査線」の監督として有名な「本広克行」と「魔法少女まどか☆マギカ」で有名な「虚淵玄」がタッグを組んで生まれた作品なので設定も面白くとても引き込まれる作品となっております。
サイコパスの魅力が大体詰まっていてシリーズの中でも一番評価が高いです。

設定を少しだけお伝えすると、
人間の心理状態や性格等の傾向を数値化して計測することができる2112年の近未来が舞台となっています。
この指数をサイコパスと呼称し、犯罪係数の数値が規定値を超えた人間は例え無罪であっても潜在犯として裁かれる世界です。
人類がより監視された社会となった中で主人公は公安局刑事課に所属して犯罪抑制のため奮闘します。

将来の日本の姿にも思える設定で1話から引き込まれていきます。
少しグロ描写が含まれるので苦手な方は要注意。

いますぐ動画配信サービスで見る

未来少年コナン

今回紹介する作品の中で一番古い作品となります。
全26話で監督はあのジブリで有名な宮崎駿です。

ヨーヘイ

実質、これが宮崎駿のデビュー作なんですよね
よく名探偵コナンと間違われますが関連性はゼロです笑

時代設定は2028年の近未来です。放映当時1978年なので、当時の想像で時代設定をされています。
2008年に核を超える武器で最終戦争が勃発し、多くの島が沈んで、残された人類もわずかという設定です。

主人公のコナンは島育ちで培った人間離れした体力の持ち主で、島の外からやってきた敵にさらわれたヒロインのラナを救うために仲間を求めて島を離れるところから物語はスタートします。

ヨーヘイ

ジブリだとラピュタのような作風が好きな人はハマると思いますね

いますぐ動画配信サービスで見る

MAJOR (メジャー)

全154話と紹介した作品の中で最も長いが、その価値はあると思って紹介します。
主人公の子供時代からメジャーリーガーへと成長する過程を6年という歳月をかけてきっちり丁寧に描いてます。

ヨーヘイ

何言ってるかわからないかもしれないが、自分自身も成長して自分も何者かになれたんじゃないか…?そんな気にさせてくれる作品です

続編として主人公の息子が主役となっているメジャー2ndがありますので、
気になった方は是非見てみてください。

いますぐ動画配信サービスで見る

番外編:ドラえもん のび太の結婚前夜

これは映画作品なのだけれど、「STAND BY ME ドラえもん」も放映された今だからこそ敢えてこちらを勧めたく番外編として紹介させていただきます。

この映画は1999年の作品なので声優交代前です。
現在の声優に慣れた方だと違和感を感じるかもしれませんが、この映画にしかない魅力もあるので、STAND BY MEに感動したという方にも是非手にとってもらいたい作品です。

・なぜしずかちゃんがのび太を選んだのか?のび太の優しさを丁寧に描写してるところ
・小学生の頃と違い、ジャイアンやスネ夫との立場が対等なところ
・学校の先生との会話が秀逸

ヨーヘイ

ドラえもんもいなくなり、
子供の頃から変わらずにはいられない、けれど変わらないものもある…
いや〜切ない……

何度もリメイクされてるエピソードですが、ヨーヘイは映画版を強くオススメします!
残念なことに配信はされていない模様……お近くのレンタル屋さんで探してみてください!

最後に

冒頭でも伝えたが、本当はもっと紹介したいのですが、
特に皆さんに見てほしいなと思ったアニメ作品を取り上げてみました。
有名作品が多いので知ってる方も多いとは思いましたが、本当におすすめなので是非視てもらえると嬉しいです!

よかったらシェアしてね!
Contents
閉じる